私と家族の道標

7歳娘と4歳&0歳息子との日々。

妊娠16週、胎盤がお腹側にあるといわれる。からの20週で性別判明!

昨年末、妊娠5ヵ月を迎えました。
つわりで吐いたり、気持ち悪くなったりはぐっと減ったものの、よだれつわりがなかなか治まらない。。
とはいえずいぶん唾液の量は減りました。
ただ、前々から続いていた鼻炎もあってネバドロの不快感が気になる。そんな感じ。
これはもしや胎動か?というちょっとしたモニョッと感を感じることもありました^^

 

そんなところで、妊娠16週の検診です。
ようやく腹部エコーとなり気分もラクチン♪
小さな命がしっかりと見えて歓喜☆
と、「胎盤が前側についてるね~」と先生。
一瞬『前置胎盤』のことかと思い焦りましたが、確認すると『胎盤が母体のお腹側についている状態』とのこと。『前壁胎盤』というみたい。
3回目の妊娠で初めてのことでした。
なので、「お腹ぶつけたりしないように念のため注意して」と。
お腹をぶつけたりした場合、最悪胎盤が剥がれてしまったりするそう。怖い。
ちなみに有事の際は、腹痛とか出血があるとのことでした。
「まあ100人に一人くらいだよ~」て先生は言ってたけど、それってかなり高い頻度じゃ…と思いました。怖い。

 

もう3人目だし息子といつも一緒の生活だし、マタニティマークとか別にいいや~と思っていたけど、この話を聞いてキーホルダー付けることにしました。。
上着着てるとお腹の膨らみも目立たないし、なんかあったとき妊婦だと知らせるツールだと思って、リュックの目立つところに。
前がつまってるときに後ろから押されたりも怖いですね。
とはいえ、毎晩両隣の娘&息子に挟まれて寝て、たまに強烈キックもしてくるので、一番の危険は我が子ですね…(-"-)

 

鼻炎のことを相談したら、点鼻薬を処方してもらいました。インタールというもの。
第2子の息子妊娠時は茨城にいたため別の産科・別の耳鼻科でしたが、そのときはナゾネックスという点鼻薬を処方してもらってました。
お薬手帳を見る感じ、2~3ヵ月ごとにもらってました。今回みたいにずっと気になる症状が続いていた記憶はないから、
多分娘の鼻風邪で耳鼻科に行ったついでに診てもらってたんだな。。すごい素敵なおじいちゃん先生だったのです^^

 

検診から数日、しっかりとした胎動を感じるようになってからは、もうモニョモニョボコスコすごいです。

 

そしてあっという間に6ヵ月!妊娠20週の検診。
今回は初めての先生でした。
腹部エコーが、、しつこいくらいじっくり診てくれる(笑)
「性別知りたいですか~?」と聞かれ、はいと答えると、それはもうじっくり探して下さる…
で、見えちゃいました☆
「男の子っぽいねー。ほら。ココ。」

 

勝手に女の子と思っていたのでビックリ!見事に母の勘が外れました(笑)
息子の服はほとんどプロペトまみれで処分していて、娘のなら古いけどちょっとはあるから使えるんだよなー何より女の子可愛いしなー、
でも男子特有の可愛さも最近分かってきたところで、、どっちでも嬉しいのですが!
自分に『二男』がいるという人生を想定していなかったので、嬉しい驚きとなりました^^

 

4Dエコーも顔が見えるようじっくり診察して下さいました。
逆子状態で頭はずいぶんお腹の上のほうにある様子。でもまだ6ヵ月だからぐるぐる動けるから平気とのこと。
脇にいる息子は終始看護師さんとおしゃべり。。
弟も「いもうとじゃない?」と言っていたので嘆くかなとも思いましたが、「一緒にプラレールできるね!」と言うとニッコニコ(*^-^*)
3人きょうだい、似てるといいなあ♪

 

ちなみに鼻炎はまだ続くものの、点鼻薬がすごい効いてる!みたいな実感もなかったので処方はなしで。あまり気になるようなら耳鼻科へどうぞとのこと。
そして、、実はまだよだれは続いているという…orzでもずいぶんマシになりましたよ。飲めるレベルになってきた!←これ

 

ということで「性別はまた次回診ましょう、まー、、、男の子でしょうね(笑)」と言われた次回の診察。
楽しみです^^