私と家族の道標

9歳娘と6歳&2歳息子との日々。

1歳6ヵ月、慢性じんましんに悩む

スポンサーリンク

次男が1歳6ヵ月の頃、慢性じんましんに悩んでおりました。

いつの間にか症状がなくなり、数ヶ月で治まったようですが、備忘録として残しておきます。

 

同月齢時の長男と比べるとずっと健康肌ではあったものの、やはり乾燥肌の気があった次男。

長男が卵アレルギーということもあり、どうしてもお肌のことには敏感になります。お肌のバリア機能は何としてでも守らねばなりません。アレルゲンの侵入許すまじ!!

 

ということで1~2ヵ月おきに皮膚科にて、保湿剤と外用ステロイドを処方してもらい、しのいでいます。(2歳になった今も外用のみでコントロール中)

 

そんな当時の次男、夜泣きがひどい。

寝るときは添い寝(当時は添い乳も)なので、暑くもなります。汗をかいて、かゆがります。

 

かゆいから寝ないのか、ただの夜泣きで泣くからかゆくなるのか、その判断はできません。

 

幸い皮膚科の先生とは信頼関係が築けているのもあり、「これでダメなら夜泣きだね~ww」と、お試しで内服薬を頂くことに。

 

結果、

夜泣きは収まりませんでした。

 

内服薬しばらく飲んでも生活(性格?笑)に変化はなかったので、服薬も中断。

 

しかしその後、たまーにじんましんが出ていることに気がつきました(写真ぼけてますね;)

1歳_慢性じんましん

発現部位は、首すじから背中にかけてが多い感じ。あんよも上手になっていて、後ろを追うとちょうど肌の露出部分になるから気が付きやすかった、というのもあるかもしれません。

 

最初は数日に一度、ポツリ。

「アレルギーか!?」とザワザワするも、食後とか時間帯とか関係ないようで、朝の寝起きに出ていることもあり、これは食品関係なさそうかなぁ、と結論。

 

そしていつしか毎日のように出るようになり、ポツリから、ポツポツ、じんましんらしく広がる膨疹が出ることも増えました。

 

症状が出たときには、とりあえず『夜のかゆみ対策』として処方されていた薬を飲み、次の受診で相談。

 

「数個の発疹でも毎日のように出るなら、毎日きちんと薬飲んで、とりあえず症状出るのを抑えましょう」

 

今度は夜泣きのためじゃなく、ねwwと同じ内服薬をもらいました。笑

 

やはり薬を飲むと症状がなく、うっかり忘れるとほぼ必ず出現するじんましん。

 

本人はあまりかゆがったりしなかったのですが、じんましんは見てるこちらがかゆくなります。

私自身、学生時代に慢性じんましんで数年間悩んだことがあり、いつまで続くかなぁ、としょぼん。

とはいえ、薬でコントロールできているのは良いこと。夜泣きも薬でコントロールできればいいのに!と思ってましたww

 

さてその後。

 

1歳8ヵ月で、突発性発疹にかかりました。

www.milestone0123.net

 

発熱した翌朝は、今日は朝からじんましんひどいなーという状態。

高熱のせいか、かゆみもいつもより気になる素振り。かゆそうかゆそう。

それでもなんとか、内服で抑え。

数日の後に解熱し、全身の発疹出現、『突発性発疹』確定となりました。

 

で。

 

その突発性発疹以降、なぜかじんましんの発現がなくなりました

 

皮膚科の先生に聞いても「なんでだろねー!?」という感じ。笑

 

でもまぁ、症状なくなったのはいいこと。

慢性じんましんはなかなかしつこいと思うので、あっさり数ヵ月で治まったのは喜ばしいです。

一応、再発したときのため&夜のかゆみが気になるとき用として、お薬は処方してもらいました。かゆみが強いときに自己判断で使います。

 

そんな、次男1歳台のじんましんの話。

 

青春期に数年間の慢性じんましん経験者としては、かゆいし、かくとどんどん増えるし、人からは「!!!???」って顔されるし、まぁ見た目は正直自分ですら気持ち悪いと思うし、見てるとまたかゆくなるし、

嫌でした。かゆみはね。ほんと気になる。

 

ちなみに私の慢性じんましん。

発症してから数年後、夏から秋に代わる季節の頃にショックなことがあり、それからパタリと消えました。

代わりに初秋と、気候の近い初夏の頃に咳っぽくなったりするように。

それもいつの間にか消えましたが、「精神的なものかな」と人に言われたりするとまたモヤモヤしますね。どうすればいいんだ。

 

じんましん、再発しないといいな。