私と家族の道標

7歳娘と4歳&0歳息子との日々。

我が家のぬいぐるみ事情

結婚当初のアパートには、結婚式のウェルカムドールだった、ブタのぬいぐるみがおりました。

ウェルカムドール_ブタ

新婚旅行のときは長女の妊娠が分かっていたので、旅行先だった長崎・ハウステンボスで、ミッフィーのぬいぐるみを買いました。

 

そして、長女の出産を経て、5年の育児で、ずいぶんぬいぐるみが増えました。

大小あわせて20体を超えています。

 

娘は、0歳の頃はミッフィーがお気に入りで、

1歳の頃はホッキョクグマの豪太。

豪太を卒業した2歳頃からは、レッサーパンダの風太。

更に4歳頃やってきた、モルモットのハムちゃん(笑)、が加わり、

5歳半をだいぶ過ぎた現在も、

夜は風太とハムちゃんを抱いて寝ております。

 

さて一方2歳息子のほうは、、、

 

夜のぬいぐるみ、日替わりです(笑)

 

「むすこー、今日ぬいぐるみどれー?」

「きょうはーっ、かえる!!」

「きょうはーっ、ぞうしゃん!!」

「きょうはーっ、ごーたっ!!」

「きょうはーっ、ぴよこ!!」

 

息子に目をつけられたぬいぐるみは、晴れて?その晩のおともになります。

将来はもうちょっと一途な恋をしてほしいところですが。笑

 

娘はお気に入りが明確に決まっているので、実家帰省のときにも連れていきます。

荷物で送ろうとしたら涙いっぱいにして「だいじょうぶだよ(;_;)」と我慢するので、頑張って手持ちバッグに詰めこんだのもいい思い出。

3歳でリュックを買ってからは、本人のリュックで持たせています(^_^;)

 

思えば自分が子供の頃は、夜に階下のトイレにいくのが怖くて、パンダのぬいぐるみと一緒に行ったものでした。

結婚の引っ越し、実家両親の引っ越しと、ずいぶん私のぬいぐるみも減らしましたが、いまでもそのパンダは実家両親のもとにあります(*^^*)

娘も「お母さんが使ってたパンダ」と認識して遊んでくれるのは、嬉しいものですね。