私と家族の道標

9歳娘と6歳&2歳息子との日々。

季節の巡りに思いを馳せる

スポンサーリンク

長男が幼稚園を卒園し、

長女は小学3年生の修了式の日を迎えました。

 

長女が持ち帰った二重丸だらけの成績表を見て、

長男はどんな成績表をもらって来るのだろう、

と新生活に思いを馳せる。

 

友達、できるかなぁ。

あんまり男子の輪に入れない子だから心配だなぁ。

 

先生は、どんな担任かなぁ。

学校に対しては信頼感あるんだけど、担任は運だもんなぁ。

 

給食、代替えの献立どうしようかなぁ。

……

……

(正規献立に似せたもの作ってる人いるね~、と仲良しの先輩ママに聞いて焦り始めたマン)

 

家の模様替えもしたり、少しずつ準備を整え

 

あっ、

 

入学式に持っていく書類関係、手をつけてないな……

明日やろ、明日。明日……

夏休みの宿題は最後の数日、なんなら始業式の日にやるタイプでした。

え?締め切り間に合えばセーフですよね?(そしてダメな大人になる)

 

子供にはちゃんと教育します…(反省)

 

花開く春に

卒園式から入学式まで、1ヶ月ほどの長い春休み。

 

それももうそろそろ後半戦。

 

寒さ残る卒園式の日にもらったパンジーは、鉢に植え付けてしっかり根を張り始めた。

 

アパート周りにちょこちょこ咲いてる、これなぁに?と長女に聞かれたそれは、ムスカリの花。

(ほんとにちょこちょこ過ぎて不思議な植えられ方)

 

近所の庭木のモクレンは、まだまだだなぁと思ってたら数日後にはすっかり咲いて。

同じお宅のチューリップも、しっかり赤く色づいた蕾が伸びてきた。

 

まだ寒いなぁ、と思った日に見た公園の桜の木は、開きかけたいくつかの蕾を冷たい風に揺らされて。

その翌日、今日は暖かいなぁと思っていたら、たくさん花が開いてた。

 

幼稚園の桜の木は、日当たりがいいのか満開に近いのを同じ日に見た。

春休みの預かり保育を利用している子達はあの場所で最後に遊んでるのかな、と少ししんみり。

申し込んでおけば良かったかな。

 

さみしかった冬の桜が花開く前、蕾が濃いピンク色になる頃、遠目に見るとピンクのもやがかかったように見える姿が結構好き。

もちろん咲いた姿も散る姿も好き。

桜ってすごい。

 

青春の一時期、新撰組とくに土方歳三氏に入れ込んでた頃、

「私は梅のほうが好き(キリッ」

 

みたいな若い頃もありましたがwww

 

言うまでもなく、桜も梅も、それぞれ素敵ですね。

 

桜は八重桜も大好き。

あのリアル『道路がピンクの絨毯』になるド派手な咲き方散り方が。

どんな花でも、あの方はすべて受け入れ愛でていたのだろうなぁ、とか(話の方向性が変わってきたw)

 

春から初夏へ

桜が散って、すっかり春が軌道にのった頃でしょうか、

鬼滅祭がありますね。

初日の遊郭編、長女の分とあわせて円盤の優先チケット通ったので、なんとか、何事もなく、行きたい…!!

 

もうすでに、何着てくかずっと迷子。

ちょっとはオシャンティな…、と思ってたけど、一日がかりか?と思うと軽装で行きたい。

初メッセ。ドキドキ。

 

2日目の無限列車編は、

優先チケットは見事落選、、一般抽選どうなるかな。。

先着じゃないの分かってるけどさ…早々に購入予約とったのにぃ…みたいな気持ちも拭いきれませんね。

 

さぁそして、

藤の花が咲く頃に、全集中展に行く予定が入っております。

わーい。

こちらは一人枠のみ当選したので単身銀座。

ぎっんっざっ!!!

楽しみすぎる!!

 

もちろんこちらも迷子ですね。服装。銀座かぁぁぁぁ

天気によっては半袖級かな……

 

 

昔読んだマンガで、桜の散る様を見ながら女の子が

「この時期は日本人に生まれて良かったって思うのよね」

という主旨のセリフを呟くのが子供心に印象的でした。

 

花は季節の巡り移ろいの象徴ですね。

 

きっと煉獄さんもたくさんの木々花々を眺めていたことでしょう……

あの屋敷にはどんな庭木や草花が植えられていたんでしょうか……

 

桔梗も咲いてたかなぁ……菖蒲なんかも似合いますよねってか絶対あったよね……

鬼狩りのお家柄ですし、藤の木もあったりするんですかね、

 

もちろん桜も、煉獄さんを彷彿とさせる木々草花のひとつですよね。

しっかりアニメで桜舞う縁側出てきましたしね……

 

はぁ。

紅葉の時期も煉獄さーんってなるけどさ。

桜見ても思いを馳せて仕方がないよ。煉獄さーん。。

 

いやー

 

煉獄邸のジオラマいつ出ますかね???(まだ期待してるよ)

庭の桜の木も入れてくれ。

 

遊郭編で父上が炭治郎に手紙書いてるシーン見て、

『あの床の間の花は誰が生けたのか』

気になって仕方がないオタクの春でした。

千くんでも父上でも近所のおばちゃんでも泣いちゃう。

煉獄家ほんと尊すぎる。