私と家族の道標

9歳娘と6歳&2歳息子との日々。

バリウム検査初体験、検診車で皆さんをお待たせした話

スポンサーリンク

人生初のバリウム検査をしました。
夫の健康保険組合の巡回検診が土曜日に市民会館に来てくれるというので、家族検診としての受診。
思えば次男の妊婦検診以来の健康診断です。

項目は、
・身長/体重/BMI/腹囲
・視力/聴力
・呼吸器(胸部X線)
・消化器(胃部X線)
・尿(糖/蛋白/潜血/沈査)
・循環器(血圧/心電図)
・肝機能(AST/ALT/γ-GT)
・血中脂質(HDL/LDL-cho/中性脂肪)
・糖尿病(空腹時血糖/Hb-A1c)
・代謝機能(クレアチニン)
・血液一般
・便潜血
・乳がん(エコーのみ)
・骨密度
・眼底検査
・問診、診察

といったところ。一般的な健康診断。
眼底検査はオプションで追加したもの。次男産後からたまにチラつきがあり気になってたので(いい眼科が近くにない…)。
フラッシュたいて撮影するだけのやつでした。昔目薬さして老眼状態になる検査したとき、帰宅するのが恐怖だったから助かった…。

さて、私にとって何よりの最大項目は胃部X線。だって人生で初めてだもん(子供か)

だいたいの項目をフフンとこなし、クライマックスキタコレ状態の私、「こちらです~」とお姉さんに誘導される。
え?別棟?いや、外!?そうか、検診車か、そりゃそうだここ市民会館だ、と思い出す。緊張しすぎ笑

寒いんだけど、と思いつつ、検診車の大きさにビビりながら乗り込む。

入るとすでに二人の方が座っていて、その隣では一人の方がバリウム飲んで奥に移動するところ。

こ、これか…

と横目にチラチラ見る。見える見えるコップに入った白い液、、(変な人)

奥の様子は見えないながらも、マイクでのやり取りは普通に聞こえるので、「右に回ってください」「頭のほう下がります」とか例のやつ!!と勝手に身悶える私。笑

そしてサクサク進み終えられていく、人生の先輩方…。一体バリウム何杯飲まれてきたのだろう…畏敬の念すら生まれてくるわ…

とか思ってたらついにきた、わたしのばん!!!

「初めてですね~」
「コレ(発泡剤)をコレ(水?)で飲んで、飲みきったらゲップしないようにコレ(バリウム)飲んでくださいね~」

確かにそうなんだけど!
そう聞いてたし、座ってる間に壁に貼ってるやつにも書いてあったの見たし、っていうかなんなら壁めっっちゃ読み込んだけど!!

ご多忙なのも声がけが必要ではないのも充分承知はしておりますが…なんていう事務連絡感…もう少し慰めてほしかった…笑

とはいえお待たせする時間も権利もないので、意を決して始める。『吐いたらイチからやり直し』と聞いてたので、吐かないように、吐かないように、、

発泡剤、シュワシュみず!!!
バリ!ウム!
バリ…ウム…
バリ……ウ…ム……
バ…リ…ウ…m…
バリ…バリ…ウ……ム……

て感じでした。ウグッとなったら顎を引き、唾をのみ、ゲップが出ないようにするそうです(壁の説明読み込んどいて良かった)

なかなか飲みきれない私に、声が高橋由美子似のお姉さんがフォローしてくださる。
「初めてということですからね、ゆっくり飲んで大丈夫ですよー」
「上手に飲めてますねー」
「もう少しですよー」

優しい…!!( 。゜Д゜。)
こんな励まされるの出産以来じゃない??

けどマイク&スピーカーで車内丸聞こえの状況ww
お待たせしてる皆さんからのエールを勝手に受け取り(※お時間かけてご迷惑おかけしてすみません)、なんとか飲みきり(※ちょびっっと残ってた気もする)、台にあがりました。

左とか右とか上とか下とか分からなくなりました。

でもなんとか終えました。
てっきり機械に体グルングルン回されると思ってたから、自分で動くのアナログすぎてちょっと面白かった。

そのときはまだ夜間のみ授乳をしていたので、授乳婦向けの下剤を頂き、念のためのもう1回分の下剤も頂き、終了。
あわせて渡されたペットボトルのお水ですぐに飲み、『空腹×バリウム+大量の水』ってひどいなこれ、と悲しくなる。笑

その後食事をとり、帰宅。

が、、出ない(例の白いやつ)

2回目のお薬!と探すと、なんと紛失!!

ヒャァァァ

ググる。とりあえずググる。
市販の下剤でもよさそう。

ついでに市の電話医療相談みたいな窓口にもかけてみる。「お腹痛くないなら様子見で大丈夫」と言われる。ソレって痛くなったときには手術とかじゃ((((;゜Д゜)))

翌朝、とりあえず下剤を買いにいく。
薬局のおばちゃん、
「そうなのよ~バリウム飲んで出ないって買いに来る方いるのよねぇ、それで初めて下剤買うとね、使い慣れてないから量が難しいのよねぇ」

下剤もほぼほぼ初体験なんです私…(TДT)
初妊娠時に一回だけ飲んだことあるくらい。肩こり腰痛はひどいですがお腹は基本健康なタイプです。ドヤァ

薬局のおばちゃん、
「でも買うー?どうするー?たくさん入ってるから普段使わない人だともったいないのよねぇー」

出せない方が怖いのでもちろん購入。帰宅後、おそるおそる服用。何時間後に来る、みたいな添付文書にドキドキする。

そして来ました。明け方頃。なんとか添い寝の次男氏にバレずにトイレに通うことも成功。良かった…

なんか、真っ白!みたいなのを想像してたのですが、体質や時間?によってはそうでもないらしいですね。

いやはや、人生経験を積んだ気がする…おとなの階段のぼった…
 

という出来事がありました。もう半年近く前のお話。
その後の検診結果はまぁだいたいOKでした。だいたい…

今年度の健康診断のご案内が届いたので、思い出しました。
ちゃんと今年も受けよう。

ちなみに乳がん検診も項目にあったので、超音波のみ初体験。
本来は、『卒乳して半年後が乳がん検査の目安』と言われました。どっかで受けなきゃな。子宮頚がんもこのとき項目外だったな。やらなきゃな。もめた産科いかなきゃな…(産後2年でもまだ引きずってる件)
 

たまに本当に嫌になって投げ出したくなって、いなくなりたくなることもあるけれど。
いっそ倒れたいわと思うこともあるけれど。

倒れたほうが大変なので頑張ろう、と考え直して毎日過ごしています。

健康第一。子供の成長をちゃんと見届けねばと思います。