私と家族の道標

6歳娘と3歳息子との日々。第3子妊娠中。

妊娠30週、逆子っていうか横向きさんになる

妊娠30週の検診はちょうど春休み中。
つまり、入園前の息子と、入学前の娘と一緒。いまは2週間おきの検診なので、おそらく出産まで彼らはもう産院に来ることはないのだろう、と思うとなんだか感慨深いです^^
息子は初診時から一緒に通院してくれたので、一緒にキッズスペースに入れないんだなあ、と寂しいような、正直ラクなような。笑

そんな30週の検診、胎児の向きが横向きになっていた!

今回は妊娠初期以来、久しぶりの院長診察。
研修医なのか、若いお兄さんも同席でした。

頭の位置をエコーを探ろうとした瞬間、院長「うん?」となる。
「あーーー。横向きだねぇー」

まじか。
確かに昨日くらいからやたらお腹が左右に蹴飛ばされる感がありました。

「ほとんど真横になってるねー」

こっちが頭でこっちが足、とエコーと併せてお腹見ながら説明されたけど、ほんとに真横という感じ。。
そして昨日から感じている胎動の位置と確かに同じ。

「まー経産婦だしまだ平気だね」

3人目で子宮が広がってるから動く余裕はあるらしいw
逆子体操とかしたほうがいいのか、聞いてみたけれどまだいいとのこと。まずは32週までは様子見。
これまでも診察時に逆子でも、エコーで見ると毎回向きが変わっているから、動いてはいるようで。
調べると、逆子体操ってリスクもあるみたいですね、、ちょっと怖い。。
そして横子、横位というのもかなりリスキーみたいですね(^^;)そもそもほとんど頭位か骨盤位に戻るから分娩数自体が少ないようですが。※自分調べ
とりあえず、こちら側を下にして寝るといいかもしれない、というアドバイスのとおりに寝るようにしています。
治るといいなあ~。。

ちなみに個人的には横向きの胎動、めちゃくちゃ痛いと感じています。。そっちには伸びないから!!というくらいメコメコ動く。。
治るといいなあ~。。切実。。

なお前壁胎盤の件は、お腹が大きくなるとともに少し胎盤の位置も動いた?ようで、問題ないらしい。ほんと?
ていうかなにが問題ないのかよくワカラナイ……けど研修医に悉く説明をしていて、なんかこちらが質問するタイミングがなく…orz
そういえばいつもさらっといわれる推定体重も言われなかった…母子手帳にあるのかと思ったけどなかった。しょぼん。
待ち時間もすごかったので、姉弟も私も、限界でした。待ち疲れると頭働かなくなりますね。

更に、前々回から続いていた尿糖もやっぱり引っかかる。
前回、「次もプラスが出たら糖負荷」とのことでしたが、産院では負荷はやらず、内科への紹介になるらしい…なんてめんどくさい!!
ただ、これまで血糖値などで問題が出たことがないこと、過去の妊娠でも尿糖は少なからず検出されていたことから、まずは血液検査でHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とか測ってから検討することに。
HbA1cはこの一ヶ月くらいの血糖値の平均が分かるらしく、それで問題なければ糖負荷はしないそうです。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)ってなに? | 動脈硬化・糖尿病内科 | 生活習慣病部門 | 診療科・部門のご案内 | 国立循環器病研究センター病院

 

ということで次回は2週間後、妊娠9ヵ月の検診です。
あと2ヵ月も入ってられそうにないくらい、お腹はパンパンに膨れております。
「どっち?」と聞かれ「男の子らしいです」と答えると「やっぱりね~!」と言われるくらいには前に突き出ております。笑
元気に産まれておいで、ただそれだけを祈る日々です。