私と家族の道標

7歳娘と4歳&0歳息子との日々。

妊娠28週、尿糖再び引っかかる。そして風邪をひく…

妊娠28週、8ヵ月になりました。
冬物コートもいらない暖かい日が多くなり、お腹はずいぶん出てきて、はた目にも『ザ・妊婦』となって参りました。

今回の健診は、前々回に診てもらった女医さん。(副院長にあたらず良かったと思ったのは内緒…w)

前回、副院長診察で体重増加に引っかかり減カロリーを指導され、尿糖がプラスだった私。
体重は正直、服装でかなり左右されるよな、、、と思い、それまでの真冬モードのマタニティ服から、春仕様で軽くしていきました(笑)

ら、2週間前の院内計測体重よりも0.1kg低く出た。
おおー。本気の身軽で行って良かった。まぁ次回は分かりませんが。。急増になったらまずそうだ。

ということで、担当医が違うこともあってか(いや、大いにあると思うけど)、体重およびカロリーの話はOK。「まだ大丈夫ですよ~」とのこと。ですよね!!

で、心配していた逆子も戻ってきている感じ。検診以降一度おや?という『下のほうでモゾモゾしかしてない』感じがありましたが、2日くらいでまた『元気に上のほうをグリグリキック』に戻ったような。
普段は胎動が激しくて痛いくらいなので、モゾモゾだけだと心配になります。。
逆子経験者のママ友さんからは「ゆっくり過ごすのが大事らしいよ」とアドバイスされました。逆子感あるときはやたら眠くて、昼寝しまくってたら戻った感じがありました。個人の感想ですが(^^;)

ただ、尿糖はまた引っかかってしまった(TДT)
「なにか思い当たることあります?」と聞かれたけども、今回はケーキ食べたりしてないし、、と、
「過去に血糖値とかでも引っかかったことないですよね?」
ないです。。
「体質的に出やすい方もいらっしゃるんですよね、フルーツ食べたらもう確実に出たりとか」
朝のヨーグルトも控えたんですが(^_^;)
「次回また尿糖出たら、糖の負荷試験やらせてもらいます」

はい……しょぼーん。

で、ふと過去を振り返ってみました。
初妊娠時、自宅近くでの産院で当たり前のように行った糖負荷試験はクリア、里帰りしてからの産院では数回、尿糖が検出されました。
そちらでは「食後1~2時間だと出ることもあるので」と診察後に再検査をして、検出されないことが確認できたら帰宅という感じでした。

二度目の産院では、やはり妊娠後期に数回プラス~プラスマイナスが出てたようですが特になにも言われた覚えはありません。糖負荷もなくてラッキーと思った記憶のみ。

うーん。
何でもないと良いのですが。

そして、、
ここへ来て風邪をひいてしまった…orz

子供たちの花粉症ひどくなってきたーと思って妊婦健診後に耳鼻科に行ってきたのですが、どうも鼻風邪だったみたいで(^_^;)
その翌日から私がもうズビズビ、喉も痛め鼻はよくならず、副鼻腔炎ぽくなってきました。

耳鼻科で子供を診察してもらうときは私が子供を抱えて座るスタイル。
大きなお腹で暴れられるとしんどいので、お父さんいる日に耳鼻科にいこうと思います。

更には鼻のせいか、大きくなってきたお腹のせいか、また唾液が出るようになってきました。。
お腹は空くし、妊娠後期特有?の甘いもの食べたい症候群も出てきて、でも食べると、せったお腹で苦しいやら気持ち悪いやら。
残り2ヵ月、と思うと大きなお腹も感慨深いですが、だいぶしんどくなって参りました。
でもまだまだお腹でしっかり育ってね。新しい元号になってからだよ。