私と家族の道標

9歳娘と6歳&2歳息子との日々。

1歳8ヵ月、なんとか自然卒乳!

スポンサーリンク

激アマ甘えん坊の次男氏、なんとか1歳8ヵ月にて、自然卒乳できましたー!!!(たぶんw)

夜7時を過ぎた頃にぐずりだし、添い乳で寝かしつけしなければギャン泣きもギャン泣き、1~2時間はくわえる離すの繰り返し、夜中も片時も離れられず、ていうかまぁ離れなくとも目を閉じたまま泣き叫び、上2人+夫のためとエンドレス添い乳地獄に耐えた日々…

ほんと辛かった!
辛すぎて心が召されかけたこともあった!
2歳間近になっても自然卒乳の気配がないなら、ゴールデンウィークに断乳しよう、そんな決意もしていた!ママ友に断乳話を聞いては「断乳 方法」で検索した夜!!

が!!

自然卒乳!!(たぶん…)

心がぼろぼろになったある日、からの翌日だったか翌々日だったか、7時過ぎのぐずりがあまりなくて、最近執着し始めた、長男のビー玉転がし積み木で遊び始めた。
それまではビー玉はまだちょっと不安、ということもあったのだけど、もういいかな…疲れたし…とビー玉解禁。
するとめっちゃ遊び出す。
私疲れすぎててついてけないw

早く帰っていた夫が「先寝てみたら?」と言うので実践。リビング隣の和室の布団に一番乗り。
次男来ない。遊び続けてる。
キッズが就寝準備に入り、和室にやってくる。と同時に次男も来る。
なんか楽しそう。
楽しそう。
楽しそう…

寝た!!( ゜Д゜)

夜中1~2回起きて、泣かせたくなくて添い乳。でも寝かしつけに添い乳しなくても平気になった。それが数日続いて。
夜中泣いてもトントンだけで寝てくれる日が出てきた。
いつの間にか、夜中の泣き叫ぶ声もマシになっていて。断末魔ばりの泣き声は出なくなりました。

いや…成長した( ノД`)…

パイ絆創膏も、パイ鬼も、辛子パイもなく、『新規おもちゃ投入』、まさかの卒乳に大貢献です!!

そんなこんなでついに卒乳。ほんとしんどかったので、よく聞く「なんかこっちのほうが寂しい~」とかは微塵も思いませんww

とはいえ本人はまだまだ寂しがり。
くっつきたがりなので、私の姿勢は基本右向き、右腕枕、もちろん寝返りはNG、泣いてトントンするときはお腹に積載(※13キロほんと重い)
しかしながら、引っ張られつつ離れられない苦痛、噛まれる恐怖と噛まれたときの苛立ち、そしてギャン泣きが無くなったので!!
歓喜!!ストレス低減!!QOL爆上がりです!!

もう2週間くらいはたってるはずなので、さすがに平気だとは思いますが、触り方がしつこいのがまだちょっと辛い。爪たててくるの何とかなりませんか…あとスンスン泣きも結構しつこい。笑

いやでも、全然、変わった。確実に『成長』したんだ、と思う経験でした。

上二人が自然卒乳だったので、断乳儀式が怖かった私。ギャン泣きされたら確実に負ける自信すらありました。
なので本当に、良かった。

私がゆっくり眠れる日はきっとまだまだ先だろうけど、これからもいい方向に成長していってもらいたい。

昼寝のときしか落ち着いて見られなかった寝姿。
寝顔がかわいいと思えて、嬉しいです。