私と家族の道標

7歳娘と4歳&0歳息子との日々。

妊娠34週、10連休での受診、そしてまた風邪をひく

妊娠34週、9ヵ月半です。
ちょうど改元の10連休に当たったのですが、3日間だけ外来診療を受け付けていたのでぶじに検診受けてきました。
なお激混みだったのは言うまでもありません。。

さて、前回正位置に戻ってくれていた逆子くん。先生の言ってたとおり?動き回るスペースが減ってきたせいか今回も頭は下に安定。良かった良かった。
とはいえ胎動はまたまだ激しく、あっちをグリグリ、こっちをガツン、相変わらずなかなか激しいベビーです(^_^;)

尿糖も検出されず。前回よりは朝食からの経過時間は短かったけど大丈夫でした。ふしぎ。

今回GW中の診察日ということで激混みのなかの診察で、初めての先生。
正直ちょっと、いやだいぶ、頼りなかったァァ…下記ほぼ愚痴ですスミマセンm(_ _ )m

まずなにより腹部エコーのグリグリ感がやさしい。やさしすぎる。。

そのせいかちゃんと写ってないようで、計測するにも「ん?」「あれ?」「おや?」「ちょっっっ…と待ってくださいねぇ」ばかり(-_-;)

しかも手入力の週数について『34週1日』を『31週4日』と誤入力してて、「これまで小さめって言われてます…?」とかなり不安げなご様子。。

エコーの前に先生がブツブツと(失礼;)「さんじゅういっち…」と呟いてたので、これまでは大きめ安定で推移していると言われていることを伝え、週数を確認したところ、「あっ、それじゃあ週数相当ですかね!」とホッとされる。。

が、見にくいエコーでなんとか計測して「2300g弱、週数相当」と言われたものの、デスクに戻った先生、前回のカルテを見て2週間前に「2300g」と伝えていることを確認して不安になったのか慌てた様子で「赤ちゃんの向きで計測位置に誤差が出るので(;´゜д゜)ゞ」と釈明される(笑)

エコーだもん、こちらも誤差があるのはもちろん承知済みです。
でもこんなに慌てられると困ってしまう(´・ω・`)

そんな34週検診でした。
そして改元とともに連休前からひいてた子供の鼻風邪をもらったみたい。副鼻腔炎ぽいです。また鼻水と唾液の違和感に悩む日々。。

次は2週間後、36週検診。とうとう10ヵ月!それ以降は毎週になります。37週からは内診も。
長女のときはこれって陣痛?と夜間外来に行った際の内診を受けてから、ガクンと陣痛が進みました。
長男のときはノンストレステスト受けたりして、まだまだだねーと言われ内診受けて数日後、破水スタートで分娩が進行しました。

うー。緊張する~!