私と家族の道標

9歳娘と6歳&2歳息子との日々。

8歳・5歳・1歳のクリスマスプレゼント

スポンサーリンク

2020年、早くも師走。
毎年、サンタが来る準備に我が家がいそしむ時期は12月中旬。ギリギリ…orz
先月からすでにクリスマスプレゼントは何かなぁ、と待ちわびる我が家のキッズ。
今年こそ早め早めに準備しよう、と内密にサンタに依頼してきました。

【8歳の長女向け】
◆すみっコぐらしのもっとたのしいハンドメイドBOOK

すみっコぐらしのもっとたのしいハンドメイドBOOK

すみっコぐらしのもっとたのしいハンドメイドBOOK

  • 発売日: 2016/05/20
  • メディア: 単行本
 

2年生には難しいかなと思いつつ、プラ板からフェルトマスコットに羊毛フェルト、あみぐるみに消しゴムはんこ等々、色々なハンドメイド品の作り方があり、普通にハンドメイドの参考になるかと思って。
図案が多いとのレビューが決め手。家に図案集があればなんでも応用できるので、なかなかイイと思いました(*^^*)

◆すみっコぐらし ホログラムアートシール

無色のシールに色つきシートを転写して、塗り絵のようにカラフルシールを自作できるキット。キッズ二人での冬休み遊びになるかなと思って。
価格がそこそこの割にいわば消えものなのでちょっと悩んだのですが、、姉弟が仲良く遊んでる姿はやっぱり嬉しい。
こういうのやったことなかったのも決め手。仲良く作ってくれるといいなぁ。

【5歳長男向け】
◆メカメカツクール レゴブロックで作る実験マシーン

動力学の基本を学ぶ実験マシンをレゴで作る!という知育トイ本。
長男はいわゆるピタゴラ装置を作るのが大好き。2年前我が家にサンタが持ってきた積み木で作るビー玉転がしのセットも、まだまだしっかり出番があります(過去記事)。
なので同シリーズ第1弾の『カラコロピタン!』(レゴで作るからくり装置)も気になったのですが、ちょっと違うのもいいかなと。何より表紙のマジックハンドが気になりすぎた…
あと『カラコロピタン』のほうは、からくり装置に使う紙素材の部分が末っ子坊主に奪われてクシャとかなったら悲劇だなと心配もあり不採用。調べると同梱のブロックだけじゃできないっぽいのもマイナスポイント。。
『メカメカツクール』は紹介されている全てのマシンが同梱ブロックだけでできるようです。楽しみ!

【1歳次男向け】
◆学研ニューブロック

長女が1歳頃からあるニューブロック…(7年モノ)
私の用事のため、義実家に娘と夫で遊びに行ってもらったときに頂いたニューブロックのセット。さすがにちょこちょこ限界w
いまはないっぽい、バリューセットという型で、色々入っており重宝しています。
なお長男はプラレールの線路作りやピタゴラ装置作るのにも取り入れるニューブロック。彼はバラエティー豊かな遊び方をなさるのでほんとにすごいと思っている。。

ただ、タイヤは、、軸が壊れてもうない…笑
ので、タイヤのセットと、あと一部はやはりだめになって処分してあるので、入れ替えできたらいいかなと、基本パーツが入ってるセット。プレゼント感の薄さは否めないけどw実用実用!!

ニューブロック のりものだいすき! タイヤパック
 

次男もぼちぼち色々できるようになるかなと期待。それより長男にブーム再燃するかな( *´艸`)

 

クリスマスツリーも7年モノ。
90cm高さで買ったそれは、長女に追い越され、長男にも抜かされ、そして去年は床を這っていただけの次男にさえ、今年はいじくり倒され、いずれ越えられるはず。

取れないほこりも気になるし、買い替えてもいい気もします。
まぁでも、とりあえず、出してみないとね、
と、数年同じことをやるだろう我が家。
子供の成長と家族の思い出と共にあるクリスマスツリー、まだまだこれでいいかな。