私と家族の道標

9歳娘と6歳&2歳息子との日々。

ワンピースを手作りポシェットにリメイク!

スポンサーリンク

小2の長女が近所に出かけるときに使うポシェットは、なんと彼女が3歳の頃から使っているもの。

当初は『ハンカチとティッシュと、あと飴ちゃんのひとつふたつ入れられればなあ~♪』と、私の着れなくなったチュニックで、裁縫の練習がてら作ってみました。

 

当時全く分からず「何ソレおいしいの?」状態だった『接着芯』なるものを使ってみたかった、というのもわざわざ『慣れない・できない・知らない』裁縫で始めた理由のひとつ。

試行錯誤しながらでしたが、出来上がりはまあまあ満足いくもので、娘も気に入ってくれました。

手作りポシェット

そんなポシェット、さすがにもうボロボロすぎて持たせるのが恥ずかしいレベル( ノД`)…なお本人は気にしてないorz…よくないよくない

 

でもお店で買うにもこれといったものがなく過ぎ去る日々、いっそまた作ってみようかなーと娘と話していたら、彼女の着れなくなったワンピースがなかなか流用できそうな予感!!

 

てことで、手縫いでチクチク作ってみた!

ワンピースリメイクポシェット

コロナと猛暑で引きこもる夏休み、使う出番があるかは分からないけど、なんとか夏に間に合わせたくてかーちゃん頑張った!

次男の昼寝時間に…夕飯の支度の合間に…なんとか寝静まって夜泣きが始まるまでの隙間に…目がしょぼしょぼ、、、いや、ほんと頑張った。

 

青の花柄は娘のワンピース。透け感のある生地のワンピで、二重になった裏地?が真っ白だったのでポシェットにも裏地として使いました。

 

ふた部分も同じ花柄生地にしようと準備しかけたところで、前のポシェットが全部同じ生地だったし、せっかくだから変えてみる?と提案。「デニムが大人っぽくてイイ!」となり、私の部屋着用のクッタクタwwの薄いデニムパンツを解体(笑)

 

ショルダーベルトもワンピースからの生地を四つ折りにしてチクチク、、(新たに購入した両面接着芯を試したくて、ワンピ生地と裏地くっつけてみたら四つ折りでは分厚くなり、せっかくのアジャスターが動かしにくくなった…ちょっと失敗;)

本体とベルトとのつなぎめにはワンピースの切り替え生地を。

切り替え部に使われてたレースもはずして、裏側にあたる、本体とデニムふたとのつなぎめ隠しに無駄なく使用♪( *´艸`)

角カン、アジャスター、マグネットは前のポシェットを解体して再生。

 

新規購入は100均の接着芯2種のみ!制作費200円だー♪

 

今回のは白地に青花、汚れが目立ちそうなのでどれくらい長持ちするかは分かりませんが、、

近所の図書館や、買い物に付き合ってもらうくらいには充分使えそうです。

 

「手作りなのがイイ!」なんて言ってくれるのはきっと今だけ。。

作っている間からウキウキしてくれた娘、形が見えてくる毎に目を輝かせて。

完成したときの喜ぶ顔が見たくて。

かーちゃん指先がボロボロだ!

 

古いポシェットにはしっかり感謝の気持ちをこめて、お別れできました。

材料を再利用できたの良かったなぁ。。

マグネット、100均には挟むタイプしかなくて、後付けできるよう縫うタイプのマグネットを手芸屋さんで買った思い出…マグネットごときと思いつつ600円くらいしたような……

 

知識もなく作ったリメイクポシェット。

せめてしばらく、使えますように。