私と家族の道標

10歳娘と7歳&3歳息子との日々。

子連れで秋田新幹線、男鹿旅行

スポンサーリンク

先日、秋田旅行に行ってきました。

私の祖父母が元気でいてくれているので、ひ孫である子供たちのご挨拶に。

 

娘は1歳の時に一度行ったきり、2歳の時も予定していましたが祖母の検査入院が決まり立ち寄れず、普通に家族旅行になりました。

 

年に一度は、と思うものの、娘3歳時は下の子の妊娠・出産。

4歳時は坊主の調子もいまいちで、となかなか行けないまま。。

今回は祖父母の体調もよかったので、4年ぶりに訪問!

息子にとっては初新幹線・初温泉と、旅行らしい旅行になりました^^

お出かけ先の話はまた別記事にするとして、移動メインの報告です。

 

大人2人+子供2人で京成スカイライナー!

千葉の自宅から京成・スカイライナーにて移動。

息子が大好きな、憧れの、スカイライナー。
大人2名+子供2名は膝抱っこ、という形で乗車しました。

 

スカイライナー、乗車口から座席への間のところに、キャリーカート置き場があります。
座席上にも新幹線のような荷物棚があり、更に座席の前後間隔もそこそこあります。

 

我が家の荷物は、
・キャリーカート1個  →キャリー置き場へ
・キャリーカートにつけられるボストンバッグ 1個  →キャリー置き場へ
・私リュック  →足元
・夫ショルダーバッグ  →座席上荷物棚
・娘リュック  →座席上荷物棚

 

という感じでの膝抱っこでしたが余裕でしたね。

お友達の話によると、キャリーカートの置き場には、ベビーカーも入るようです。

ちなみにスカイライナーのトイレ事情。

8車両中、トイレは1か所、5号車にしかないようです!

お友達に事前にアドバイスをもらい、トイレに近い座席を指定しましたよ。

使うことはなかったけれど、キレイそうだしむしろ私が入りたかったw

 

京成‐JRの乗り換えは日暮里がラク

さて、京成線からJRの乗り換えは、上野より日暮里のほうが楽なので、日暮里で下車。

日暮里でのトイレは京成改札内で済ませたほうがいいと思います。

帰省時などにもこのルートで移動しますが、JRよりは空いていることが多いような気がします。

 

JR連絡改札口から入り、山手線で東京駅へ。

地下1階グランスタで昼ご飯を調達しようと思っていたので、

東京駅は八重洲地下中央口のベビー休憩室へ。

 

……と思ったらない!!

 

更に男女トイレ改装中で、激混み!!

日暮里で行きそびれた娘、がんばって待ってくれました……。

 

弁当調達後は早々に新幹線改札内へ。

新幹線改札内のベビー休憩室でおむつ替えを済ませました。

 

余裕をもたせた発車時刻でしたが、余裕をもたせすぎました。。

普段見ないような人ごみに息子氏若干パニック、不安だったのか超センシティブボーイに;;

待合ベンチで飽きてしまったり、遊んですっ転んでわんわん泣いたり、

お茶を買いに行ったお父さんがなかなか戻ってこなくてえんえん泣いたり……

いつもと違うって大変だと痛感(-_-)

 

息子初めての秋田新幹線・こまち!

しばらくして東京駅から秋田新幹線・こまちで秋田へ。

秋田までは4時間弱と長時間乗車なので、今回はリッチに子供席もとりました☆

秋田新幹線は左右2列ずつのシートなので、2席×2列で。

車中は思ったよりおとなしく過ごせました。

昼食を済ませ、お絵描きに折り紙、おしゃべり。

前列に息子+夫、リクライニングもさせて、昼寝もしてくれました。

 

……余談ですがこまちって、昔のE3系は女性的な印象と思うのだけど、
いまのE6系は男子が喜びそうなカラーリングだと思うの。息子も息子友達も大好きこまちv

 

秋田駅前・ホテルメトロポリタン秋田に宿泊

現地では、秋田駅前のホテルメトロポリタン秋田に宿泊。

夕食は駅前のはなまるうどん(HPでメニューのアレルギー表示あり)。

タイミング悪く、期待していたおにぎりが全然なくて、

店員さんに相談したところ手持ちのものもあげていいとのことだったので、

息子には昼に残していたかにパンの残りと、お店の稲荷寿司。

あまりの物足りなさに、コンビニに寄り、ホテルでデザートタイムしました。

 

ホテルメトロポリタン秋田は、ツインルームのベッドをつなげて、ハリウッドツイン仕様にして頂けるので、家族旅行では毎度お世話になっています。

朝食のバイキングでは、各メニュー札にアレルゲン表示がありましたよ。助かりました。

 

レンタカーで祖父母宅へ

翌朝はレンタカーで祖父母宅へ。

これまで2回のレンタカー会社とは違う会社で借りたのですが、

駅前なのはよかったけれど、ナビは山走りたがるわ、帰りの駐車場に向かう道が分かりづらく新幹線ギリギリだったわ、と

慣れないことはするもんじゃないわーと思いました。。

……や、運転手は夫なんだけれども。笑

 

ともあれ、久しぶりの再会に、幸せな孫娘でした^^

ずっと知りたかった、おばあちゃんお手製の笹巻(秋田の郷土料理でもち米を笹にくるんでちまき状にして炊いたもの)の巻き方も教わってきました!

なんと祖父母の笹巻の巻き方はネットになくて、、(!)

ちなみに子供&夫は広――い家で走り回って楽しそうな音がしておりました(笑)

 

笹巻きはこんな感じ(^^♪

www.milestone0123.net

 

一時間ほど滞在して、男鹿へ。

また会えるかな。まだまだ会いたいな。

いつも、帰るときは涙が出ます。

どうかずっと元気で、どうか守って、仏壇に祈りながら、男鹿へ出発です。

 

いざ、男鹿半島!!

途中、ガストに寄り、昼食。

低アレルゲンメニューもあり安心です。早めのお昼~と思っていましたが。

ガストに着く前に息子、昼寝に入ってしまい……駐車場で待ちぼうけ。

低アレルゲンメニューも持ち帰りあればいいのに、と思いました。。

 

男鹿では、男鹿水族館GAOをメインに、なまはげ館も行きたかったけど時間が足りず。

どちらも超おすすめスポットなので、また別記事にします。

www.milestone0123.net

www.milestone0123.net

 公式HPはこちらから↓↓ぜひ行ってみてください^^

男鹿水族館GAO

なまはげ館

男鹿真山伝承館

 

宿泊は男鹿温泉郷の旅館にて。

事前にアレルギー対応OK、卵の完全除去OKと確認していたのですが、

ちょっとスタッフの方の対応に不安点があったので、

煮魚やみそ汁など大丈夫そうなものを与える、にとどめました。

 

温泉はよかったー♪温泉も3年ぶりくらい!

男子チーム・女子チームに分かれて入浴しましたが楽しかったです。

息子も男湯で大はしゃぎだったとのこと^^

 

そして帰路へ

そうして翌朝、秋田駅に戻り、新幹線の長旅で帰宅いたしました。

 

乗降時間の短さが不安だったのと、東京駅ならエレベーター・エスカレーターも大体把握しているのとで、行きも帰りも東京―秋田にしたけど、

帰りは上野で新幹線降りて、山手線で日暮里を目指したほうが楽だったかな?

上野駅は苦手なので、機会があれば上野駅探索したいと思います。

 

追記:

一年後、また同じ時期に男鹿に行ってきました♪

卵除去をお願いできる温泉宿にて宿泊☆

www.milestone0123.net

 

 卵不使用の秋田おみやげも参考になれば。

www.milestone0123.net